人事考課を見える化しませんか?

会社を良くするのも悪くするのも、最終的には「人」だと言いますよね。でも、スタッフひとりひとりがどんなことができるのか、今何を目標にがんばっているのかをきちんと把握し、その結果を評価していくことってなかなか難しいと思います。しかも、スタッフひとりひとりとの面談や意見のくみ上げが、ペーパーあるいはワード文書などで提出されるようなもので、対面するのも文書を読むのも直属の上司のみであれば、会社全体としてスタッフがどんな方向に向かっているかを把握するのはなかなか難しいものです。

では、人事考課を「見える化」できるシステムがあれば、いかがでしょうか?株式会社サイダスの人事考課ならこちらをご覧ください。

株式会社サイダスの人事考課システムなら、ひとりひとりの目標管理をシステム上で行うことができます。全社があり、それを受けて部門目標が設定され、その部門目標達成のために課の目標、それを個人の目標に落とし込む……といった流れで、上位目標に紐づけて目標設定ができる仕組みにより、個人の目標は、上位の目標達成を意識したものになります。

更に、各スタッフの達成度も「見える化」できますので、正当な評価をすることができるようになり、スタッフのモチベーションも上がることでしょう。人事考課システムの導入、検討してみませんか?

金融機関から借り入れするよりリースの方が簡単

最近のデジタル機器の発展は目まぐるしいものがあります。
コピー機が故障した時、新しく事務所を開設する時、機種が古くなり使い難くなった時に、高額商品のコピー機や複合機ですから、そうそう新品を導入することは難しいと思われます。

こういう時には、リースという考え方も合理的です。
経費節減で、出費をタイトにする意味合いからも、購入の方向ではなくリース、つまり借りる方向で考えた方が得策。

リースを利用するということは、設備資金を調達したのと同様の効果をもたらし、実際の資金調達を考えると、資金調達より面倒がありません。

現金を調達してOA機器を購入するとなると、まず、金融機関から借り入れしなければなりません。
そのための手続きに比べると、リースは簡単で、しかも、けっこは金融機関から借り入れしたのと同じ理屈になります。

近頃は、複合機やコピー機は購入するよりリースの方が一般的と言われています。
確かに、最近のコピー機は、もうただのコピー機とは思えないような機能が満載。

リース契約の場合、審査があります。
しかし、審査はスピーディに行ってくれるようですから、速やかに各種OA機器を導 入することができるようです。

詳しいことは▲コピー機リースの見積サイト【QOOL】▼が参考になります。

複合機のコスト削減をしたい時におすすめのサイト

近年ではオフィス以外にも家庭での普及卯が進んでいる「複合機」をご存じですか?

複合機は、プリンター等の印刷機能以外にモノクロ(カラー)コピー、スキャンといった複数の機能を併せ持っている特徴があります。
また、複合機の種類によってはSDカードなどの外部メディアから直接写真を印刷できる機能を持っている場合があります。
昔は印刷機能しか持たなかったプリンターも、近年ではニーズが多様になったおかげで、色々な機能を持っているんですね。
http://xn--8pru33cwvv.net/
オフィスの場合でも大型の複合機を購入していたり、リースで契約されている場合も多いと思います。
でもオフィスで導入すると、本体はもちろん、インクやトナー、コピー用紙等色々とコストがかさんでしまいますよね。

少しでもコストを下げたい!そういう時はどうすればよいのでしょうか?少し気になったのでそういったサイトが無いか検索してみました。
「複合機.net」というサイトを見つけたのですが、オフィスでのコスト削減のためのリース契約や、電話での問い合わせが行えたり、色々な利用シーンに合わせた提案などをしてくれるようです。

詳しくは>こちらのWebサイトからご覧になれますので、複合機のコスト削減で悩まれている方はいかがですか?
 

ホテルのチェックアウトは気持ちに余裕を持たせよう

ホテルを出るためにはチェックアウトしないといけません。チェックアウトをする時間というものは個人の都合に合わせたものになります。もしも早朝早くにチェックアウトをするとき受付に人がいないなんてこともあります。ホテルごとにチェックアウトの時間制限はありますが、まずは相談してみてチェックアウトの時間を決めてみましょう。早すぎる場合は受付のベルを鳴らすことで清算を済ませてチェックアウトすることができるという場合もあります。

ホテルにはチェックアウトしないといけない時間もあります。これはホテル内を清掃したりするために一度客を全部出さないといけないからです。ホテルによって時間制限は決まっていますので、それまでにチェックアウトを済ませることができるようにしましょう。あまりのんびりしているとチェックアウトが迫ってきたときに慌ててしまうことになりますので時間にも気持ちにも余裕を持たせることが必要です。

ホテルの部屋を出るときに忘れ物には十分な注意が必要です。ホテルでリラックスしすぎると貴重品も管理できないようなところに置いてしまうことがあります。ホテルを出てから忘れ物に気がついても遅いので、気持ちには特に余裕を持たせておくということが大事になります。